2011年6月~ 2013年6月 青年海外協力隊 幼児教育隊員としてエジプトで活動。日本に帰国後もいっぽいっぽゆっくり進んでいきます。


by bagel5529

カテゴリ:活動記録( 30 )

大好きな時間

先日カウンターパートにドタキャンされました。。
(時々あるんだけど、セミナーも来週に実施する予定だったはずなのに、延期になりそうです・・・)

でも、モデル園の園長先生と話して、
限りある私たちの2年間に、彼女たちを当てはめてはいけないんだと思い直しました。

自分にできることをする。
そして、私の2年間が終わったって、これからの彼女達に期待しよう。

彼女と話せて、本当に良かった。


モデル園は今ちょっと大変なことになっているので、
私が行くと、一人の先生として助けを求められることが多くなってきました。
本当に大変な状況なので、少し手助けをしています。

今日は4歳児クラスの子ども達を遊びの部屋で遊ばせていました。
私の動きをみて、一緒に運動をする子がほとんどでしたが、
数人が走り回ってふざけていました。
案の定、そのクラスの先生に怒られて。。。

でもその後私が絵本を読み始めると、
すごくわくわくした顔で絵本にくぎづけになっている怒られたやんちゃ坊主たち。

あぁ、この顔。
この顔を見るのが好きだった、って働いていた頃のことを思い出しました。
絵本を見ている子ども達の顔を見るのがなによりも好きでした。

私には、子どもが一番子どもらしくなる時間、に思えます。

心にあるいろんなかたまりが
溶けていく。

そうだよね、それが君なんだよね。


b0212400_7275914.jpg

[PR]
by bagel5529 | 2013-03-29 07:35 | 活動記録

セミナーの効果

先月、赴任して初めて乳児保育を対象にしたセミナーをしました。

乳児保育に力を入れていきたい、と以前から話していたカウンターパート。
保育園ではまだまだ子どもがそこにいるだけ、というのが現状です。

今回は、乳児の成長や、一日の保育の流れ、絵本について、ベビーマッサージ etc..
という内容で2日にわたってすることができました。

その後、セミナーに参加してくれた保育士や園長先生のいる保育園2園を巡回したところ
変化が見れました♪

紹介した手作り絵本を真似て作ってくれていました♪ 
b0212400_19384238.jpg



そして、大きな大きな変化を見せてくれたのはモデル園の保育士さん。
もともと子どもの様子はちゃんと見ているなぁと思える人だったのですが、
保育の内容は、とりあえずあるおもちゃを与えているだけ、という状態でした。

でも先日保育園に行くと、
子ども達と、セミナーでさらっと紹介した小麦粉粘土で遊んでる♫

おもちゃも増えてる!
b0212400_19415012.jpg

中にビニール袋がはいっていて、くしゃくしゃっとするといい音がするおもちゃ

b0212400_19425354.jpg

中には紙や、プラスチックの廃材がはいっていて、振るといい音がします♪

そして今までと大きな違いは、ちゃんと一日の流れができているっていうこと。
彼女の立てたデイリープログラムに沿って保育をしているんです。
セミナーから約3週間。
子ども達にも変化が見えてきた、という彼女。
朝の体操を待つ子ども達、たくさん動いて遊んだら午後には疲れて眠るようになった子ども達、
小さくで出来ないと思っていたことも、出来る子を真似てする子ども達。

そういう子ども達の変化に気づけるってすごいなぁと思うのです。
それだけ子どもに近づいて、子どもと一緒の時間を過ごしているっていう証拠。

彼女はもう大きい子どもがいて、きっと年齢は40代半ばくらいなのかな。
体が疲れることもあるって言っているけれど、家族も助けてくれているし
(彼女の代わりに買い物に行って、保育園に届けてくれる優しい息子さんがいます✿)
セミナーに参加してから、すごくやる気が出たんだ、って話してくれました。

セミナーに参加しても、なかなか園で取り入れてくれている保育士さんを見つけるのは大変で、
巡回に行くたびに、相方さんやカウンターパートとがっかりして帰ってくることも多いので、
こういう彼女の変化は、本当に励みになります。


あと4ヶ月、頑張ろう。
[PR]
by bagel5529 | 2013-02-22 20:00 | 活動記録
あのむちゃぶりセミナーから早8ヶ月。

カウンターパートの昇進や、
なんだろう。。いろいろあったのかな。?!
もうなんで8ヶ月もたったのかわかりませんが、
今回はむちゃぶりではないセミナーの開催にいたりました!


今回は急遽、JICAの調整員さんとナショナルスタッフ
そして本省の職員と、本省勤務の同期隊員がセミナーの視察に来てくれました!

そして本省の職員さんから、私たちのプロジェクトについて話をしてもらえました!!
みんなの意識も変わってくれると嬉しいな✿



カウンターパートと相方さんと話し合って考えたプログラム2日間。
今回のテーマはカウンターパートの希望により、
”製作の基礎”について。

主なプログラムはこんなかんじ。
1日目
・製作活動について。大切なこと
・○△□を作って遊ぼう!
・歌
・保育園の環境設定について
・スタンプ遊び

2日目
・モデル園見学
・製作の本について(製作する際の注意点、型紙等の書いてある冊子を作りました。)
・描画活動でつかう道具について
・製作の導入について


プロジェクターを使って、理想の保育環境の写真を見せたり、
カウンターパートが本邦研修で見てきた日本の写真も見せてくれました。
b0212400_5512649.jpg


b0212400_5515733.jpg


いろんな素材でスタンプ遊び~♪
b0212400_5525973.jpg



モデル園見学。
b0212400_5545994.jpg


製作の導入のお話を考えて発表。
みんなのなかなかの演技でおもしろかった~♪
b0212400_5554933.jpg



エジプトの保育士さん、自分がものを作るのは好きな人が多いのです。
でもそれを自分で作って部屋に飾って終わり。。
ということがほとんど。
それを子どもと一緒に作ろう!というところが苦手。
というか方法を知らない、ということで
このセミナーをするに至りました。

今回は、参加者たちにも簡単な道具や、簡単な方法で楽しいことを
体験してもらいながら、じゃあ子どもとするときは?!っていうことを
一緒に考えてもらいました。

実際に作って、みんなで遊んで、想像して、
身近にある道具や簡単な方法でも、楽しいんだ♪ってことを少しでも感じてもらえたんじゃないかなと思います。

ただ、準備した側としては反省点の多いものになりました。

セミナーの中での講義や、製作の講師は現地の園長先生や保育士さんにお願いしてあります。
今回は完全に打ち合わせ不足・・・。
私たちの”ねらい”が伝わっていませんでした。。
なにせ、セミナー前日に1時間も話す時間がとれず。
それはカウンターパート、相方さん、私も同じように感じていました。
でも、少ない時間の中で、私たちの意図するところを一生懸命理解しようとして
当日も前に堂々とたってくれた先生たちに
準備不足の申し訳なさと同時に
頼もしさを感じました。

次回は絶対改善して、今回よりも充実したセミナーを提供できるように
頑張るぞーー!


セミナー後、モデル園に行ったら
さっそくセミナーでした遊びを子どもとしてくれていました001.gif
とっても嬉しかったです♪

b0212400_601450.jpg


b0212400_604750.jpg


セミナーの内容が園内で共有されていなかったことが残念だったけど、
そういうことはどんどん伝えていって一緒に進んでいこう。

落ち込むこともまだまだたくさんあるけど
セミナーでたくさんの保育士さんに会って
一緒に活動できたことが
次に向かう力になっている気がします。

みんなにとってもそうであったら嬉しいな✿
[PR]
by bagel5529 | 2012-10-09 06:05 | 活動記録
エジプトで活動する幼児教育ボランティアのいる地域には
モデル園があります。

モデル園とはその名のとおり、モデルとなる園です。
保育内容や、環境つくり、保護者との関わり etc...
いろいろな面でモデルとなること。

カフルにはモデル園が2園あります。
相方さんと担当を決めて活動を始めて
実質数週間。

内容や保育士の関わりを見ていて、ここをモデル園としていいのか?!と思う場面が多々あります。
そして今日、カウンターパートと話し合いの場を持ちました。
モデル園となるためには、物や環境が整っていることも大事だけれど、
保育士の働きがなによりも大切だってこと。
カウンターパートは本当にエジプトの状況をわかっています。

どんなに綺麗な作品を作っても、
そこに子どもの手が加えられていなければ意味がない。

子どもの姿を見れば、日々遊んでいるかいないかなんて
一目瞭然なのに。

私たちの気持ちを誰よりも理解してくれるカウンターパートとの話し合いのあと、
もうちょっと頑張って欲しいモデル園へ一緒に行って
話してきました。

ちゃんと子どものそばで過ごしてほしいこと。
おもちゃを活用してほしいこと。
ひとつのおもちゃでも、遊ぶ方法はたくさんあること。

などなど。

彼女たちはちゃんと方法も知っているし
やればできる、って分かるから
もっと頑張ってほしいのです。

そしてそのモチベーションを高めていくためにも
やっぱり定期的にセミナーを行うことが大切だなと思うのです。

保育士が集まって情報を共有する場所、
保育の楽しさを感じてもらえる場所、
新しいアイディアを提供できる場所、
私たちでは伝えきれないことを、カウンターパートや部長から伝えてもらえる場所。
たくさんの利点がある。

今月には必ず!!
いつも交通費をだすお金が問題でセミナーが先延ばしにされてるんだけど。
お金なしでできる方法をいくつか考えています。

相方さんとカウンターパートと、
頑張るぞー!
[PR]
by bagel5529 | 2012-09-06 23:27 | 活動記録

イッドニヤ ハル

毎日毎日暑い日が続いています。

ラマダンももうすぐ始まります。

エジプトの人たちも、だんだんとやる気が低下しています。
だって、「イッドニヤ ハル(暑い)」だから。

そんな中でする活動は、なかなかハードです。
というか、こっちのやる気だけではもちろん進まず、
でもこの暑さと、ラマダンに向けてそわそわしてるエジプトの人たちに
もっと働いてー!!ってむきになるのもなんか違うような気がして。。
(というかそれをしてたら心も体も持ちません・・・)

保育園の活動はゆっくりと、でも今自分たちが進められる仕事はしておこう、ということで
何かとやることがあります。
活動も1年が経ち、現地の人に必要なことや援助できることもだんだんと見えてきた今、
残りの1年で活用しながら活動できるものを
チーム型としても相方さんとも考え、動き始めています。

あれもこれも!って頭には浮かぶものの
ひとつずつ着実に進めていくことが大事なんだよね。

仕事と息抜きのバランスをちゃんととって、
頑張ろう。

今週末はハルガダだ~♪


b0212400_0364094.jpg


b0212400_037547.jpg


カイロのハン・ハリーリにあるスーフィーダンス✿
1時間半たっぷり見せてくれて、入場料はただ♪
おススメです✿
[PR]
by bagel5529 | 2012-07-18 00:40 | 活動記録

おもちゃ作り①

乳児保育に目を向け始めたエジプトの幼児教育。

モデル園では、0・1・2才児クラスを中心に活動をすることになりました。
定期的に言っている保育園には乳児クラスはなかったので
乳児対象のおもちゃを準備することがなかったけれど、
巡回中心になる2年目。
少しでも多くのアイディアを提供できるように、
サンプル作りに励み始めました。

今回はペットボトルの周りに布を巻いたもの。
赤ちゃんのベットにつけるもの。

b0212400_5201692.jpg


b0212400_5204517.jpg


ペットボトルの強度によって丸まり具合が違ってくる。

こんな風にマジックテープを付けても
外したりつけたりするのが楽しそう♪
b0212400_5213859.jpg


b0212400_522499.jpg

[PR]
by bagel5529 | 2012-06-16 05:28 | 活動記録

振り返り

今日保育園にカウンターパートが来てくれました!
去年から、保育園の様子を話すたびに、”話をしに行く”って言ってくれていたけれど
彼女もいろいろあって、タイミングも合わなかったりで、のびのびになっていました。

彼女の姿を保育園で見たら、もう泣きつきたくなるような気持ちがこみ上げてきました。
そんな思いをずっと抱えて活動をしていたみたいです。

園長先生の部屋で、私が今まで彼女に話していたことを
話してくれました。

園長先生は、とてもプライドの高い人です。
仕事はちゃんとしなさい!と保育士さん達に言える人です。
気分の波が激しい人です。
笑うとトトロみたいです。

話の最中、イマーン(カウンターパート)の意見にカチン!!ときた園長先生は
怒鳴り始めました。
イマーンも譲らない。
それは誤解だよーって訂正したくとも、話す隙を与えてくれないくらいマシンガンのようにしゃべる!

なにかを言いたそうな私に気づいて、イマーンが
「なんでも言いたいことをいいな。彼女に話させてあげて」と言ってくれました。

さっきまですごい勢いで話してた園長先生も、静かに私の話を聞いてくれました。

園長先生は、ボランティアがいなくとも自分たちは働いているんだ!っていうことを
主張していました。
私もイマーンも分かってます。
働いてないなんて一言も言ってない。

正直、ここにいても意味がないんじゃないかと何度も思いました。


でも帰り道、イマーンから「ごめんね、あと少し頑張ってね」と言われた時に
思ったことは、今まで自分のしてきたことでした。

イマーンは保育園の園長先生の理解度の低さから、そういう言葉を発したのだと思うけれど。

私の言葉や行動はちゃんとしていたのだろうか。
ちゃんと伝えてこなかっただけじゃないのか。
もっとできることがあったんじゃないか。
求めてばかりいたんじゃないか。

正直、自分のいたらなさばかりが思い浮かびます。

でもこうしてきたのは自分で、そうすることを選んできたのも自分です。

でも、私にはあと1年あります。
まだまだできることはたくさんあります。

そのことに改めて気づくことが出来た今日、
大きく反省して、またいっぽ進めるような気がします。

いや、進みます。


イマーン、ありがとう✿



b0212400_3103188.jpg



b0212400_311262.jpg

[PR]
by bagel5529 | 2012-05-29 03:01 | 活動記録
私が週に3日活動している保育園の施設長に以前、木のおもちゃのアイディアを欲しいと言われて、
おままごとのキッチンや冷蔵庫を紹介しました。

そして先日!
大工さんが作っていてくれたガスコンロ、冷蔵庫、洗濯機が完成!

b0212400_0291547.jpg


すごい!!

オーブンの扉や、冷蔵庫の扉が、大人でも力いっぱい開けないと開かない状態だったので
ここはマグネットがいいよ、と勧めたところそれも改善されていました。

冷蔵庫や洗濯機の写真は後日。

そして積み木。
b0212400_0312582.jpg

ちょっと大きめですが・・・


これをモデル園の敷地内において、保育園関係者が購入できるようにするみたいです。
いくらになるんだろうか・・・。   

試験的にモデル園で使わせてもらえないかなー。
ちょっと聞いてみよう。

このおもちゃ達も、子ども達に出会える日を楽しみにしてるんだろうなぁ✿
あと1年のうちに、子どもが遊んでるところ見てみたいな~。
[PR]
by bagel5529 | 2012-05-27 00:37 | 活動記録

大きな変化

先月の終わり、カイロで”支局部長会議”が行われました。

社会公平連帯省から3名、5重点地域の各支局の部長とカウンターパート
そしてボランティアが参加しました。

話には聞いていたものの、この会議に参加するのは初めて!
しかも私たちのカウンターパートは前々日までこの会議の話を
部長から聞いてないっていうから、当日はちゃんと2人そろって来てくれるのか、
ドキドキしながら待っていました。

でも、遅刻せずに無事2人で到着!
カイロの事務所で二人の姿を見たときは
なんだかとってもホッとしました。


本省の部長が司会を務めるこの会議。
各任地の報告にやたら時間がかかって
肝心の議題はものすごい駆け足で話し合い、
質問をする隙もあたえないくらいの勢い><

いやー、とってもいい体験をしました。

とても大切なことも、とても曖昧に決まって行ってしまう現状にびっくりしつつ、
そこに的確に質問をはさんで明確にしようとしてくれる
T調整員がとても頼もしく見えました。

課題は残ったものの、
うちの部長は、去年の9月に支局の部長に就任したばかりだったので、
この会議でプロジェクトに対する理解を深めてもらえたかな、と嬉しく思っていたらなんと!!!

会議から帰ってきて、約3週間。
私たちのカウンターパートが支局で勤務することになりました!!


カイロ以外の5重点地域にいる、ボランティアのカウンターパートは支局の職員です。
支局は各県にひとつ。
でもなぜかうちのカウンターパートは、県に1つある支局の下の、
各市に1つずつある支所というところに務めていました。
(カフルエルシェイク県に支局はひとつ。カフルエルシェイクの中には10の市があって、
 支所は各市にひとつずつあるんです。)

そんなわけで、今までは支局との連携がうまくとれていないことが大きな課題でした。

でもなんと、その支局部長会議のお陰でカウンターパート昇進!

これから支局の人たちとの人間関係や仕事など、いろいろありそうですが、
彼女も望んでいたこと。

先日、調整員の方にも来てもらって、これからの活動についての会議もすることが出来ました。
私と相方さんも彼女をサポートしながら、これからまた少しずつ進んでいける気がします。

残りの隊員生活1年と1ヶ月。
頑張ろう。
[PR]
by bagel5529 | 2012-05-24 02:48 | 活動記録

タイヤーラ!

週に3日通っている保育園でのこと。

ときどき自由画の時間を取っているんだけど、
紙も色鉛筆もない保育園。

紙は子ども達の宿題用のノートで、前に誰かが保育園においていったと思われるものからちょっともらって。
色鉛筆も教室の先生の引き出しからかき集めて、なんとか園にあるもので。

はじめは、
「好きな果物は~?」とか
「今何食べたい~?」とか話しながら (なぜかいつも食べ物になってる・・・)
ちょこっと描いてあげたりして
少しずつやってきた。

今までは、紙を鉛筆で塗りつぶしたり
迷ってペンが動かなかったりしてたけど
少しずつ絵を描くようになってきた子ども達。

「みてみてー!」って見せてくれる姿もたくさん見られるようになってきた。

今日は3歳のマハモードが
はじめはちっちゃなりんごを描いていたんだけど
(それは私がきっかけとして描いたりんごを真似していたもの)

しばらくしてから
「先生!タイヤーラ!!(飛行機)」
って、見せてくれた。

b0212400_2582268.jpg

上のほうにいるのが飛行機ね。


自分で描いて、自分で見立てて見せてくれたことが
ものすごく嬉しかった✿

先生にも、
「見てみてこれ!!
 何回も描いてたらこういうのも描くようになったんだよ!
 成長だね!」って見てもらった。

あーこういう瞬間があるから
この仕事って好き✿
[PR]
by bagel5529 | 2012-05-07 03:04 | 活動記録