2011年6月~ 2013年6月 青年海外協力隊 幼児教育隊員としてエジプトで活動。日本に帰国後もいっぽいっぽゆっくり進んでいきます。


by bagel5529

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

エジプトの日常

カフルのママから、おととい
「あさって公園に行くから夜の19時にうちにおいで!」って誘われた。

夜の公園。

たしかにここエジプトでは夜の公園がけっこうにぎわってる。

そして、ママと出会って約1か月。
彼女は約束をちゃんと覚えてる人だって分かってきた。

うちの大家さんはひどいんですけどね・・・。

ママのおうちでしっかりご飯をいただいて、21時にママの友達とその娘がやってきて
しゅっぱーつ♪

公園は人でにぎわってました。
少し遊具もあったりして。
b0212400_652228.jpg


夜の22時にブランコで遊ぶ子ども達。
エジプトでは自然に見えるこの光景も、日本ではきっと不自然なんだろうな。

今日いろいろと話を聞いてたら、やっぱり夜は涼しくて過ごしやすいから
夜こうやって外にでる時間を楽しむために、みんな昼寝をしてるらしいです。

たしかに仕事は14時ごろ終わるからね。

ラバーブも昼寝しな!って言われました。

でも今日は、この夜のピクニックに備えて昼寝したんだけどな。
やっぱり眠いよ。。014.gif

23時から買い物に行く、っていうママ達とバイバイして先に帰ってきました。。

いやー元気だわ。

でもこうやってエジプトの日常に入り込んでいけるのはおもしろい043.gif
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-28 06:58 | カフルシェイク
昨日はみんなに癒してもらいました。

ハビービーをはじめ、同期の子たち、そしてカフルのママにも会いに行って優しい時間をもらいました。
ありがたいです。
本当に。


本当に。


今日は昨日とはうってかわって保育園が盛り上がった。

先生たちの、新しいものを取り入れていこう!っていう姿勢がすごく見えて
みんなでたくさん笑った一日でした001.gif

こんな日もあるんだね。

きっとこういうことの繰り返しなのかなぁって思った。

エジプト人は、感情をむき出しにして ぶつかってくる。
でもそれにぶつかり返したら きっと相手はそんなに気にしないけど
自分の中にわだかまりが残る。
そんなに理不尽じゃないことなら 笑い返そう。
きっとそれが私には合ってる。

今日は先輩隊員がおいていってくれた
布と、綿と、針と糸があったので
布おもちゃを作ってみました。

b0212400_6551761.jpg


計画的に物事を進めていくことが苦手です。

とりあえず思いつきで行こう。

思いつきだから一個だけ。
でもこういう作業、嫌いじゃないかも043.gif
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-27 06:58 | 活動記録

活動記録⑥ ”いい顔”

落ち込む時もあります。

自分がふがいなく感じたり、なかなかおもうようにいかないことがたくさんあります。

まーりっしゅ。

私はここに一人しかいないんだ。
できることだってそんなにたくさんはない。

でも5年間の経験と2年間学校で学んだことは フルに活用しよう。
そのためにこここにいるんだもん。


私の活動に期待したり、話を聞こうとしてくれる人がいるだけでも
きっと恵まれてるんだろうな。

ただね、なにかアイディアはないのか?!ってちょっと言い方が怖いの・・・。


一つの活動をするのに アラビア語で説明するのを考えたりするから
そんなにいっぱいを一気には無理です!!!! と断言したいところですが
まだはじまって1か月。
ゆっくりと 柔らかく いきたいのです。(エジプト人相手でも柔らかく。は通用するんだろうか・・・)


今日、子ども達とした玉入れ。
対抗戦にしようかと思ったけど、まぁ初めてのことだから無理でした。

でも箱に投げ入れるだけでも あの子ども達のいい顔ったらなかったなー012.gif
ああいう顔、たくさん引き出していきたいなぁ。

でも終わった後は、そのボールを持って帰ろうとする子ども達と
「これは幼稚園で遊ぶの」ってボールの取り合いを大人気もなくしている自分がいました・・・情けな026.gif

子ども達を動かせる話術を使えるほどの 話す力がほしい。。


やっぱり遊びは、4,5歳の子たちでも
日本で2,3歳の子にする活動でちょうどいいみたいです。

それだけ ”遊ぶ”っていう経験が 保育園や幼稚園にいても少ないんだよね。
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-25 22:27 | 活動記録
懐かしい歌を見つけました。

puff the magic dragon

小さい時この歌を熱唱していた覚えがあります。
もちろん日本語ね。

<日本語訳>

パフ 魔法のりゅうが 暮らしてた
低く秋のきり たなびく入り江
少年ジャッキーは友達で
毎日なかよく遊んでいた

パフはボートをこぎながら
ジャッキーしっぽにのせて 海原を行く
海ぞく船は おどろいて
すぐに旗をおろし あいさつした

やがてジャッキーは 旅に出て
パフはただひとり さびしく暮らす
そして今も入り江には
パフの声がして 海がさわぐ


歌ってる人も、作曲者もわからないんだけど。

なんだかせつなくて、でもメロディーが優しくて 大好きだったのを思い出した。

保育をしていても時々あるこの感覚。

『あーこの絵本大好きだったな~』  とか。

その時の、大好きで大切にしてた気持ちを鮮明に思い出す。

どこで誰と、っていうのはいつもあいまいなんだけど
思い出したことがなんだかとっても嬉しくて、また大切にしたくなる。

きっと大好きな人に読んでもらったり
大好きな人と歌ったりしてたんだろうな。

エジプトの子ども達にも、日本の子ども達にも
大人になった時に、
『あ~この本好きだったなぁ』とか
『この歌よく歌ったなぁ』とか
思い出した時に、心がきゅうっとして 嬉しくなるような
体験をたくさんしてほしいな。

そのためにも、いい絵本とか 素敵な歌との出会いを
提供できるように 頑張ろ。
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-25 05:07 | いろいろ

いつもいっぽは自分から

今日は久しぶりにママのおうちに行ってきました。

ラマダン中は毎日のようにあった電話が ラマダン明け休みからぱったりなくなって。
忙しいのかなぁって思いながら、私もそれなりに忙しくて 足が遠のいていたけど、やっぱりなんだか会いたくなって、電話してみました。

ママも私が忙しいと思っていたみたいで、ママもバッサントも、ママのお姉ちゃんも(遊びに行ったらね)
大歓迎してくれました。
「どこに行ってたんだラバーブ!!」って012.gif

そして、今までちょっと怖くて買えなかった鶏肉も、ママが一緒に買いに行ってくれました。

鶏肉屋さんはこんなかんじで。
b0212400_7483699.jpg

見えにくいかもしれないけど、鶏がね、かごの中にいるんです。

カフルでは切って売られてる鶏肉をいまのところみたことなくて。
冷凍の鶏肉は売ってて、1キロ40ギネーでした(約600円)
ちょびっと高いのね。

街中でよく見るこの鶏屋さん。
やっぱり重さで買うのかなー 一羽は多いかなー ちょっとにおうなー
って思って買えずにいてね。

ママとお店に行ったらやっぱり
「どれくらいほしいんだ?」って。

一羽って何キロくらいかわかんないし、とりあえずママが「1.5キロくらい?」っていうから
「うん。(わかんないからなんでもいい・・・)」

おもむろに一羽つかまえて秤の上に ドン

「18ギネーだよ(300円しないくらい)」

やすい!!

ではお願いします。

待つこと4,5分。

日本ではめずらしいこの光景を写真に!と思ってとってたら
こっちも撮ってくれって
b0212400_75419.jpg

キレイに洗っております。

帰ってきて袋をおそるおそる開けてみたら、キレイに切ってくれてありました。
b0212400_7544659.jpg


レバーも 心臓かと思われるものも全部はいってます。
一人で食べるには多いけど、新鮮です。
一切れずつ冷凍させてもらって、ありがたくいただきます。



ママたちと過ごす時間は、なんだかすごくあったかくて
話が通じなくて笑われてばっかりだけど、それがまた優しいんだ。

できるだけ時間を共にしていこう。

どんないっぽも自分から進めていこう。

23時に油たっぷりなエジプト料理をしっかりいただいて、食後にほぼ砂糖味の紅茶を飲みながら
しみじみ思ったのでした。
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-23 08:06 | カフルシェイク
なかなか忙しい日々でした。

先週はここカフルエルシェイクでセミナーを開催しました。

私はまだ来たばっかりだったので、帰国間近の先輩にいろいろとリードしてもらいながら
2日間のセミナー。

一日目
・デイリープログラムについて 講義
・共同制作(絵具をつかったもの)
・布おもちゃづくり
・布おもちゃで即席の劇(これがおもしろかった~♪)

二日目
・手洗い指導
・共同制作
・モビールづくり

準備に余念がない先輩のおかげで、とってもスムーズに進めることができて
ほんと勉強になりました!

朝の集まりが悪すぎて 二日とも1時間押しで始まりましたけど・・・
日本では計画を立てる時に、時間が余っても大丈夫なように多めに活動を準備するけど
ここエジプトでは、ゆるゆるのスケジュールでちょうどいいみたい:P


今回は、カフルで働いている保育士さん2名が講師としてたつというカフルでは初めての試み。
2人とも堂々と前に立ち、説明も上手だし、ちゃんと一人一人の様子を見ながらフォローもしていて、見ていてとても心強かった。
カウンターパートのイマーンも、本当に頼れる存在だってことを改めて感じました。

こういう先生が増えてきたことは、今までの先輩たちの活動の積み重ねと
先生たちのやる気があってこそだなぁって思った。
目がいきいきとしてた先生2人の顔を見ていたら、これから一人でもこういう表情で保育に携わる先生が増えてくれたらいいなと思った。

そしてこれからもセミナーでこの形態が続いていくように 先生たちとの関係を深めていこう。

b0212400_4531085.jpg


b0212400_4541388.jpg



過去の先輩たちが作ったおもちゃ。
b0212400_4561340.jpg

[PR]
by bagel5529 | 2011-09-21 04:59 | 活動記録
エジプトの新学期は9月。

まだ小学校が夏休みのため、今行ってる保育園の子ども達もまだみんなそろってない。

ほんとは100人くらいいるらしい子ども達も、今のところは多くても一日20人くらいしか来てない。
来週の月曜日にはみんなそろうよ~って言ってたな。

子ども達が少なかった今までは きっとゆっくりのんびり保育ができていたんだ。

日に日に子ども達が増えてきていて、きっとのんびり子ども達を遊ばせておける雰囲気でもなくなってきて、
今日ついに噂のアサーヤ(子どもを叩く棒)で叩く姿をみてしまった。

以前はどこにでもあったっていうアサーヤ。
でもちょっとずつよくないっていう意識が浸透してきて、今では見ることもめずらしくなってきたっていう話も聞いた。

私の保育園でも今までは見なかったけど、もしかしたらこれから人数が増えてくるから
おとなしくさせておくために出てきたのかもしれない。
(アサーヤを持っていたのは一人だけだし、叩かれた子をひざにのせてなぐさめてる先生もいるから
 まだ救われる。)

物を使って叩くっていうのはすごくあからさまだけど、日本でも言葉でおさえつける保育をしているところはまだまだたくさんあると思う。
同じなのかもしれない。

子ども達は脅さなくても ちゃんと話を聞ける。
私たちが子どもの言葉に耳を傾ければ、子ども達も私たちの話に耳を傾けてくれる。

私たちが家族や友達や大好きな人にするのと同じ。

私がいることで、それに気づいてもらえたらいいな。
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-12 21:26 | 活動記録

週末

エジプトの休日は金曜日。

私も金曜日と土曜日にお休みをもらっています。

今週はカイロで”ものづくり”の隊員の方たちがバザーをする!っていうので
泊まりがけでカイロへ行ってきました♪

カフルからカイロまではミクロバスに揺られて約2時間。


庶民の足、ミクロバス↓
b0212400_342746.jpg


席が人でいっぱいになったら出発です。

ぎゅうぎゅうづめになって乗っていくため、2時間でも結構しんどくて おしりもちょっと痛くなります・・・。


金曜日は同期の子のおうちに泊めてもらって
おいしいハヤシライスとポテトサラダをごちそうになりました。
ありがとー♥

活動のことやアラビア語について話したりして。
やっぱりこういう時間はとても大切だと思うのです。
同じく悩んだり、悩んでることの解決の糸口を見つけられたり、ね。



今日、オールドカイロでひらかれたバザー。
隊員の方たちや現地の人たちが作ったものなど、
素敵な手作りの商品が並んでいました☆

折り紙で作ってあるピアス☆
b0212400_3582292.jpg


お財布を購入♪
b0212400_3494291.jpg



素敵なストールも購入しました♪
(エジプトに来てからとってもお世話になったストールは前日タクシーに置き忘れ・・・
 別れを惜しむ間もなくさようならになってしまいました。。
 でもきっと彼女には素敵な出会いがある!はず。
 私のほうも 気持ちを新たに、これからともに過ごせるパートナーをまた見つけました。
 今度紹介します:-))
 


買うだけ買って、早々とカフルへ退散!


やっぱり我が家が一番落ち着くー☆
 

カイロに行くと、いろいろなものが溢れてるし、楽しいけど
移動がちょっぴり疲れます。

それに、ここカフルに引っ越してきてから なんだかんだ用事があって
週に一回はカイロに行ってるからね。
来週の帰国報告会とかが終わったら、カフルにしばらく引きこもれたらいいな~。
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-11 04:04 | いろいろ
11日、12日で予定されていた カフルシェイクでのセミナーが

13日、14日に変更になりました。

3日前なんですけども。。

お手伝いに先輩隊員と、同期の子が来ることになっていて 休暇のレターも事務所からだしてもらっていたんですけども。。

まー、マーリッシュなんでしょうね、これは。

たしかに 支局部長も変わったりして、バタバタしてたんでしょうね。

個人的にはそんなに害はないっちゃないんですけどね。
応援を頼んでいたから 申し訳なさがのこります。


これがエジプト、とは思いたくないけど
こういうことがあるんだなぁってことは心の片隅においておこう。


こんな時は きれいな青い空でもみて 心をすっきりとさせましょー。

b0212400_1573143.jpg

[PR]
by bagel5529 | 2011-09-09 02:01 | 活動記録

活動記録② ”気づき”

昨日から、もうすぐ帰る先輩隊員と一緒に 一年後に巡回をする保育園をまわっています。

日本と同じで、園ひとつひとつ 雰囲気が全然違う。
そこにいる人たちが醸し出す雰囲気。

b0212400_22163311.jpg

エジプトの先生たちがつくった壁面。 なかなか上手です♪

b0212400_22174462.jpg

ここの保育園は おもちゃがとっても充実してる。


ラマダン中も ラマダンが明けてからも、自分に提供できるものってなんだろう・・・って考えてた。

技術とかものとか、私が保育をしている中で大切にしていること、伝えたいこと。

ここエジプトで。

って、なんだかよくわかんなくなってた。

「やりたいことある?」って聞かれても、

なんだろう・・・って。

もともと、こんな自分でいいのかな・・って思って一度は離れた保育現場。
ちょっと負い目もあったりした。

私が大切に思って保育をしてることはあるけれど、はたしてそれがエジプトの保育の中でも大切とされることなのか。

気持ちだけがいつもうわの空で。

でも今日行った保育園の先生にいろいろと話を聞いていたら先生が
「ナビール(私の前任の方)とナシュア(今いる先輩隊員)は、子ども達とよく遊んでくれるの」
って嬉しそうににっこり001.gif

そこで、あーそっか!って思った。

私が2年後ここを離れた後に、
『そういえば、ラバーブはにこにこと子ども達とよく遊んでたよね』って
そうやって思ってもらえたらそれでいいんだ、って。

変化を求めたり、成果を求めたりするのはちょっと贅沢なのかもしれない。

だって、1週間後のセミナーの 人数も場所も、本当にできるのかさえまだ”わからない”
っていってる、そういう人たちとこれから仕事をしていくんだって思ったら、
私がどんなに急ごうが、焦ろうが、そのペースで進んでいくんだよね。

それに、2年間っていう時間の中で終わるのは、私のエジプトでの生活だけ。

幼児教育への働きかけはきっと続いていくし、現地の先生たちはこれからも保育を続けていくんだもんね。

自分の2年間だけにとらわれないようにしよう。

ゆっくりゆっくり。

いっぽいっぽ。
[PR]
by bagel5529 | 2011-09-06 22:25 | 活動記録